西洋ミツバチに関する事なら誰でも自由にお使い下さい。
質問する際は、なるべく名前の横に都道府県を明記していただけると飼育環境等を把握できるので回答しやすくなります。
投稿できる写真の大きさは300KB以下です。書き込み時に入力するパスワードで投稿を修正・削除できます。
パスワードの未設定・パスワード忘れなどで投稿を修正・削除できない場合は、管理者までメールしてください。

管理者:浦添養蜂園 urasoe.apiary@gmail.com 浦添養蜂園サイト

西洋ミツバチ掲示板

2071541

シュウ酸気化器 Instantvap - 太陽の里農園

2024/01/05 (Fri) 01:02:10

皆様、明けましておめでとうございます。

新年早々地震と航空機事故のニュースが入り、今年の先行きが心配になりますが、今年一年悔いることのないように前進してまいりたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

さて、最近シュウ酸気化器 Instantvap を手に入れまして、現在テスト中ですが、優れものである気がしますので、皆様にも紹介しておきたいと思います。嬉しいことに日本に代理店があり、今回そちらから購入いたしました。

リンク先です。

インスタントバップジャパン

https://www.instantvap.jp/



機能的な部分ですが、設定した温度に達するとプラスマイナス一度くらいで安定して温度を保持してくれますので、一定したシュウ酸処理ができそうです。
シュウ酸を気化させる場合は温度管理が重要で、温度が高すぎても低すぎてもよくないようです。

バッテリー式になっておりますので取り扱いが便利です。今回はこの点が気に入り購入しました。マキタ仕様とハイコーキ(日立)仕様があり、手持ちの何れかの18ボルトの電池が使えます。

またバッテリー保護装置が内蔵されていてバッテリー残量が15ボルトくらいに落ちてくると自動的に電源をOFFにしバッテリーを保護してくれます。

シュウ酸はヨーロッパでは以前から使われておりましたが、アメリカでも数年前から使用が許可され、特に最近では蜂蜜への残留の影響が殆どないとのことで、収穫予定の蜜を除くことなくシュウ酸処理をしてもよくなったとのことです。

シュウ酸は有蓋の中にいるダニには効果がないので有蓋蜂児がないタイミングでシュウ酸処理をすると最も効果的なので、使用するベストな時期があり、何時でも同じ効果が得られるわけではありません。ですからシュウ酸処理だけで一年間のダニ対策をするという考えよりも、これまでのダニ処理+(プラス)シュウ酸処理という使い方になると思います。

シュウ酸でダニが死滅することは分かっているのですが、何故ダニが死ぬのかはまだ分かっていないようです。

テストの結果は次回報告させて頂きます。宜しくお願い致します。

Re: シュウ酸気化器 Instantvap - 太陽の里農園

2024/01/22 (Mon) 20:47:24

 K-埼玉様、コメントありがとうございます。

 今回の簡易テストで蜂児が有る状況だと直ぐにダニが出て来るので、どれだけのダニが駆除できたのかが分かりにくいことがわかりました。

 特に感染率が1%くらい低い場合は直ぐに数値があがりますので分かりづらいですね。

 K-埼玉様が言われている通り、蜂児のない時期にテストする必要があります。少し時期をずらして再度トライしたいと思います。テスト再開しましたら結果を報告致します。

よろしくお願い致します。

Re: シュウ酸気化器 Instantvap - K–埼玉

2024/01/19 (Fri) 08:15:54

私の場合ですが、薬(アピバール年1回だけ使ってます)を使う場合は雄房が無い時期に投与します。私の住んでいる地域では秋から冬です。

浦添さんによると、沖縄は夏に雄がいなくなるとのことですので、夏に投与するのが効果があるのでは?若しくは、雄房カットして投与ですね。結果楽しみにしています^_^

Re: シュウ酸気化器 Instantvap - 太陽の里農園

2024/01/18 (Thu) 20:20:10

シュウ酸気化器のテストを行ったのは1月の第一週目、沖縄県内の蜂場なので蜂児および雄巣房もある状況でした。

他の養蜂家様にも状況を説明し意見を聞きました。

状況から考えられることは、雄巣房に一匹のダニが入った場合、巣房から出てくるときは最大6匹の雌ダニが出て来ると言われているので、感染した雄巣房が9個あれば54匹のダニが出てきます。

ダニ数の確認までに2日かかっていますので、その2日間のあいだに感染した9個のオス巣房、または感染した20個程度の働蜂巣房からダニが出て来たということが考えられます。

そうするとテスト群においてはそれだけで1%の感染率になりますので、シュウ酸処置前の感染率の数値と同じ1%になってしまいます。

ダニの死亡率を確認するためにはもう少し細かい徹底した実験が必要だと思いますが、とりあえずシュウ酸は効果があることは分かりました。今後も更にいろいろ試してみたいと思います。

Re: シュウ酸気化器 Instantvap - 太陽の里農園

2024/01/11 (Thu) 21:26:07

trap@長崎様

コメントありがとうございます。
謝る必要はないと思います。どんどんいろいろな意見をぶつけてください。
養蜂に関する法律が現代の養蜂についてきていないということが大きな問題だと思います。様々な問題をいろいろな視点や角度で考えていく上ではtrap@長崎様のご意見は重要であり、ありがたいです。

確かにネット社会は自由に発言できるという良い部分があります。多少の意見の食い違いがあっても違った角度からの見方を知る事で、更に自分の考えが成熟されます。隣国では言論の自由がないところもあります。かつての日本もそうだったので、今後そうならないことを願います。

養蜂は絶対的な正しい飼育方法というのはないに等しいですから、自分の地域において何がベターなのか、他にどのようなオプションがあるのか等の情報を見つけ出していく必要があります。この掲示板やネットを通して養蜂家が繋がり合い助け合うことは非常に理想的だと思います。私も時間があればもっと積極的に参加していきたいと考えております。(現実的には時間がないですが)

よろしくお願い致します。

Re: シュウ酸気化器 Instantvap - trap@長崎

2024/01/09 (Tue) 19:33:20

>>確認のために再度アルコール洗浄を行いました。
いつされたのかは分かりませんが、私がしていた少ない経験上ではありますが、有蓋蜂児がいたのかも?という事が一つと、外勤バチがいたのかも?という事が一つ。
あとは産卵中に使っていたからかもですが、4週間週1回シュウ酸をしていました。ダニのサイクルを考えての事でしたが、1回では完全には死なないのかもですね。
それにしても駆除率が高いな。と改めて思いました。
また、シュウ酸に対してのお話し、ありがとうございました。ほぼ同じ事を思います。
農業では同じ事が多々ありますので。
ネット社会では正論が巾を利かせます。
見渡す限り何も通っていない横断歩道も信号が赤なら
渡ったと書けば叩かれるネット社会。
余計な事を書いて申し訳ありませんでした。
これからも結果報告を楽しみにしています。

Re: シュウ酸気化器 Instantvap - 太陽の里農園

2024/01/09 (Tue) 19:11:56

シュウ酸気化器のテスト結果です。

差し当たって3群にテストしました。
3群ともに3枚群程度の群でした。

テスト前のダニ感染率は3群とも1%でした。アルコール洗浄を行い、働蜂300匹中のダニ数は3匹から4匹でした。

巣箱の底は金網になっているのでベニヤ板で塞ぎ、蓋の通気口も塞ぎました。

今回は実験なので3枚群には少し多めではありますが、シュウ酸3gで行いました。

シュウ酸処置後数分で白い煙状のシュウ酸はおさまりますので5分程度待ってから内部を確認すると、蜂達は薄っすらと白く化粧したようになっていました。

噴射口の近くに居たのだろうと思われる蜂は粉砂糖をまぶしたのと同じくらい真っ白でしたが元気に飛び回っていたりしていたので、シュウ酸を多く浴びても大丈夫なようです。死蜂もいませんでした。

また女王蜂も元気で問題ないようで、また産卵も確認しました。

2時間後に巣箱底アミから落ちたダニ数を確認しました。
落ちていたのは4匹、5匹程度でしたので、シュウ酸の効果は即効性ではないようです。

それで2日後に再度確認したら、50匹から60匹のダニが落ちていましたので、効果ありだと思います。

それぞれのダニ数と蜂数約6000匹から計算すると落ちていたダニ数のパーセンテージは1%になります。

つまり処置前の1%のダニは全部死滅した計算になります。

確認のために再度アルコール洗浄を行いました。

そうすると以外なことに3群ともダニが3匹から4匹確認されました。まだ1%いることになります。

???????????????????

今頭を悩ませております。悪い手品師に引っ掛かった気分です。

どこかで間違ったのでしょうか?
どなたか納得のいく説明してもらえませんか?

いづれにしても今回の実験に協力してくれた1800匹の蜂たちに感謝。






Re: シュウ酸気化器 Instantvap - 太陽の里農園

2024/01/08 (Mon) 17:45:18

trap@長崎様コメントありがとうございます。

難しい問題かも知れませんね。

ダニ駆除の薬品としてはアピバール、アピスタンが承認されたものになります。オーガニック系ではチモバールというのがあります。

これらの製品と同じ成分の他の名称のダニ薬を使うのはダメです。勿論それ以外のダニ薬を使うこともだめです。過去に承認されたものの後に使用禁止になったダニ薬もあります。

アメリカでの話しになりますがアピバールは最近その効果が薄れてきている、また効果にバラツキが出ていると言う農家さんもいるようです。またアピスタンは過去に耐性ダニが発生しその効果に問題が生じました。またアピスタンは最近になって長期に渡る蜜蠟への残留と蓄積が危惧されてきています。反面シュウ酸、ギ酸は残留や蓄積がないことがアメリカでは確認されています。

養蜂家として悩む問題は承認されている薬品であっても何らかの問題があり、絶対に安心安全とは言い切れずできれば使いたくないが他の選択肢が少ないということです。

できれば安心安全なものを使いたいという考えから日本ではまだ承認されていないシュウ酸、ギ酸、精油などにたどり着いてくるのです。勿論これらは他国では既に承認されているという事実と情報に基づくものでもあるからです。ですから何時か必ず日本でも承認されるものだと思っております。

養蜂は他の産業と比べると規模が小さいので製薬会社としても養蜂用の新薬の開発は採算が合わないかもしれません。

また既に市販されているシュウ酸、ギ酸がダニ駆除に効果があることを証明し、行政機関に申請するには問題点もあります。これらは自社開発した薬品とは違い、独占販売も難しく、製品特許も取れません。その労力は経済的には全く報われないからです。

アメリカでダニ駆除のためのシュウ酸が承認されたのはある大学とある養蜂器具販売会社の協力によるものであったようです。法律に準じて言えばダニ駆除用のシュウ酸を購入する場合はその養蜂器具販売会社から買わなければなりません。しかしアメリカではアマゾンでも販売されているシュウ酸をその養蜂器具販売会社からわざわざ購入する養蜂家がどれくらいいることでしょうか。

話しがややこしくなりますが、厳密に言えばアメリカではダニ駆除のためにシュウ酸をアマゾンから購入して使用すると違法になるとのことです。(ダニ駆除用として承認されたシュウ酸を販売しているのはその養蜂器具販売会社だけだかららしいです。同じシュウ酸なのに。)

ここで私は法を犯してもよいと言いたいのではありません。法は順守すべきです。

養蜂が盛んなヨーロッパやアメリカ、カナダにおいて承認されているシュウ酸については、日本の行政が動きさえすれば今日、明日にでも承認されるものであると考えています。

ただ日本各地の養蜂家が声を上げないことには何も動かないので、是非声を上げて欲しいです。ネオニコチノイドの問題もあります。ヨーロッパでは既に使用禁止になっています。多くの養蜂家が声を上げたからでした。

養蜂は規模の小さい産業であるからこそお互いの協力が必要です。力を合わせていけばネオニコチノイドも使用禁止になるだろうし、シュウ酸も早く承認されるようになると思います。


Re: シュウ酸気化器 Instantvap - trap@長崎

2024/01/06 (Sat) 17:51:03

以前、私も自作でテストしてみました。確かにダニは死にますね。
ですが、日本では許可されていない!!と強く反発される方もおられます。
私は趣味養蜂なので詳細が分からないのですが、実際使用するにあたりどこかに許可申請などが必要なものなのでしょうか?
それとも使用する事自体が日本では禁止されているのでしょうか?
使われている方は結構おられると思っていますが、公にしても良いのかどうか難しいですね。
結果報告など楽しみなのですが、思わぬ横やりが入らない事を祈ります。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.