西洋ミツバチ掲示板 393419


やはり難しい東北の越冬

1:ビートルズ :

2018/03/13 (Tue) 21:53:38

寒冷地の東北の宮城県にも春がようやく来ました。先日の陽気に内検完了しましたが30群が15群になってしまいました。
蜜切れのものもありましたが不明のものもあって、つくづく越冬は難しいと感じています。杉木立で日陰になってしまう群のものが被害が大きく麻袋たっぷりの対策もだめだったようです。また、頑張って増群対策ですね。
2:もうやん :

2018/03/14 (Wed) 08:21:40

南向きの暖かい日差しが降り注ぐ所が良いと思います。私のところは、今年越冬に成功しましたが、弱群化して、2箱を1箱に合同する手立てをとっています。最低気温が氷点下になることがよくある地域です。東北と比較すると失礼ですが。ヒノキの木陰の群は、厳しかったです。
 和歌山に知り合いがあれば、11月から3月までは暖かい場所で越冬を試みるのですが。和歌山がうらやましいです。梅もあり、みかんもある・・・。贅沢は言えませんが。
3:K-埼玉 :

2018/03/14 (Wed) 09:39:47

ビートルズ様は増群がとてもお上手ですよね。
そちらで越冬出来た蜂群を増やせば、冬に強い蜂になるかもしれないですね^^
4:蜜蜂爺や/埼玉 :

2018/03/15 (Thu) 06:06:54

越冬5割ではちょっと残念でしたね。
越冬前の蜂数にもよりますが、同じくらいの大きさの群でも越冬した群と出来なかった群があるのでしょうか?
餌切れは見れば分るでしょうが、原因不明な群はどのような感じでしょうか?
餌が有るのに蜂がいない?
餌もなく蜂もいない?
(餌切れした群と何か違いますか?)
産卵がはじめって蓋してあるが蜂が居ないか少なくて、蓋した
蜂児まで死んでしまっている?
原因はいくつかあると思いますが原因が分かれば来年に繋げますが、分からないと来年も心配ですよね、
私は思ったより小さい群もありますが、越冬できなかったのは1割ほどでした。
5:みの@山梨 :

2018/03/16 (Fri) 17:02:20

http://bbs1.fc2.com//bbs/img/_818400/818338/full/818338_1521187340.jpg 寒い地域での越冬は大変ですね。
私の地域は寒暖の差が激しく明け方が寒いです。

二重巣箱で越冬が出来たのですが保有郡数が多いとコストや手間が大変ですね。

巣箱の底面と測面に発泡スチロールで囲いその上に麻布などで包むのはどうでしょうか?
この方法だとコストや手間もあまり掛からないのではと思いました。
6:ビートルズ:

2018/03/16 (Fri) 19:19:53

蜜蜂爺や様
越冬できない群の状況ですが自分が考えているものは
①蜜切れ 越冬前の貯蜜が少なかった。
②越冬前の群が小さかった。 合同しなかった。
③越冬地が陽が当たらない 北風が吹き込む
北側の列に全滅群が集中していました。

産卵が始まっていた群は全くありませんでしたね。

以上のようなことと思われます。

色々ありがとうございました
7:ビートルズ:

2018/03/18 (Sun) 20:33:20

みの@さん、ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。
何事も準備が大事だと思いました。貯蜜、給餌、防寒具など次回は気を付けていきたいと思います。
8:蜜蜂爺や/埼玉 :

2018/03/19 (Mon) 15:51:36

貯蜜や防寒も大切ですが越冬するときにどれだけ群が大きくなっているかが一番大切だと思います。
春に大きくなっても夏にダニで群が弱小することがあります。
夏に弱小しなければ秋には一段にするのが困難ほど蜂数が居ると思います。
秋(10月ごろ)三、四枚の群になってしまう人がいますがこれではちょっと越冬も大変かもしれないですね。
群が大きければ冬囲いも簡単で越冬できるようです。
皆で技術を共有して越冬も100%できるようにしたいですね。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.